あい伸也からみなさまへ。

 

  千葉県も人口620万人となった今日、少子高齢化・環境問題等、多くの課題がありますが、一人ひとりが充実した暮らしを送るためには、生活基盤の整備に加え、誰もが安心して個性を生かし、個々の能力を十分に発揮出来る社会の構築が重要です。

 これから県民の皆様が真の豊かさを実感出来るような社会を創造し、地元から魅力的な夢溢れる地域づくりをしていきます。また格差のない再チャレンジできる環境もつくっていきます。



・安心して子供を生み、育てられる環境づくり。

・「親学」の導入など、家庭教育のサポート体制づくり。
・子供たちに豊かな人間性や公共性を育む教育。
・さまざまな困難や障害を抱えている子供たちの

 教育セーフティネットづくり。
・グローバル化やIT化の中、未来を支える人材育成。
・生涯にわたり自己の能力開発ができる学びの環境。


・誰もが等しく、医療・介護・福祉を受けられる社会。

・安全で安心して暮らせる地域社会。

・高齢者や障害者が多様な暮らしを実現できる社会。
・男女が差別されることなく参画できる社会。

・低炭素・資源循環型社会と自然との共生。

・地域住民、NPO(ボランティア団体等)、民間、行

   政等が協働する社会。

 




・災害に強い社会インフラ(道路・河川海岸・ライフ

 ライン等)の整備。
・圏央道の更なるバージョンアップ(インターチェン

 ジ・パーキングエリア・四車線化)の推進。
・子供や高齢者の交通安全の為の歩道整備と生活関連

 道路の維持管理。
・安心でおいしい水が公平な料金で利用できる県内水

 道。
・水(川・海・池)環境や住環境を守る為の下水・汚

 水処理の地域格差の是正。


・県物産のブランド化や6次産業化による

 「農林水産王国 千葉」の復活。

・次代の農林水産・商工業を担う人材の確保・育成。
・圏央道等の道路ネットワークを生かした新産業の創

 出と企業誘致。

・世界に向けた県産品の輸出拡大と外国人観光客の誘

 客。
・九十九里浜等の自然を生かした通年型、滞在型の

 観光地づくり。
・スポーツ振興を生かした、観光ビジネス(マラソン

 ・トライアスロン・ジェットスキー・サッカー等)

 のイベント誘致。

 



 

期目4年間の軌跡

若々しい情熱で豊かなまちづくりにチャレンジしました!

 

災害に強い地域づくり

 

・東日本大震災の状況と対応、復旧、復興への取り組み

 「河川遡上対策」・「水門操作と消防団のあり方」・「水産業の復旧・復興」

 

・九十九里海岸の津波対策、今後の防災・減災への取り組み

 「九十九里有料道路のかさ上げ」・「河川護岸のかさ上げ」・「海岸堤防・保安林砂

 丘の構築」

 

・「原発事故の賠償」・「非常時の通信機能の確保」

 


 

安全・安心に生活できる地域の復活

 

・所在不明児童、生徒への対応と家庭訪問

 

・自主防災、自主防犯組織への継続的な支援を

 

・農業集落排水、コミュニティープラント施設の長寿命化

 〔大網2地区は平成30年度に機能診断と整備構想を策定〕

 


 

医療・介護・福祉の充実

 

・県立病院「がんセンター」や「救急医療センター」「精神科医療センター」の計画的整備

 

・(仮称)大網白里特別支援学校の設置を平成27年4月開校に向けての取り組み

 

・「東千葉メディカルセンター」と「大網病院」の役割分割化と連携強化

 

・介護人材の育成と確保 元気な高齢者「老人クラブ」の役割と支援

 


 

子供たちの教育環境格差の是正

 

・私立学校と公立学校の格差の是正

 

・「学校週休2日・週5日制」・「土曜日の教育活動」土曜授業の実施

 

・新教科「公共」、現実の社会生活での対応力を要請

 

・県立高等学校再編と生徒の進路、統廃合校への特段の配慮を

 

・「高等学校等就学支援金」の給付  県4万人に給付

 

・県立高校普通教室へのエアコン整備の検討

 


 

農林水産・商工・観光業の復活

 

・海外に向け、千葉の魅力発信により、震災からの復旧・復興と県産品のPR

 

・民間譲渡後の「サンライズ九十九里」を引き続き地域振興拠点に

 

・「園芸王国ちば」の復活に向け、サポートチームの設置

 

・知事のトップセールスによる、海外・県外からの誘客と県産農林水産物の輸出促進を

 

・漁港施設の延命化と県内6漁港の拠点港としての整備

 

・経営体育成基盤整備事業篠本新井地区の予算の確保

 


 

水道料金格差の是正

 

・県内水道事業体の統合の進展

 

・県内水道の統合・広域化 

 リーディングケースとして九十九里・南房総地域の用水供給事業体と県水道局の経営

 統合後に事業統合へ

 

・九十九里・南房総地域の用水供給事業体と県水道局の平成24年度目途に水平統合

 

・末端水道事業体の統合への勉強会設置、関係市長村の協議を加速



 

2つの構想を提言!


                           ♦ 新産業ダイヤモンド構想 ♦                          

●千葉県東部ゾーンを、新産業の創造と国際産業ネットワークの「中核」ではなく、千葉県の新産業、幕張・成田・かずさに続く4つ目の「核」として位置付け、「千葉新産業ダイヤモンド構想」として今後の計画に盛り込み、ひと・もの・情報が通過するだけの地域にならないよう提言。



                           ♦ 首都圏新空港三角構想 ♦                          

●首都圏第3空港について、千葉県独自の政策を持ち、九十九里沖に誘致することにより、成田・羽田・九十九里の3空港体制=「首都圏新空港三角構想」を形成することを提言。